注目の記事 PICK UP!

センスオブユーモアやで、結局のところは

センスオブユーモアやで、結局のところは

12月6日

朝、7時台の梅田へ向かう満員阪急電車内で奇跡的に椅子に座ることが出来ました

 

肩こりが少しでも楽になるか、と真上を向いてみました

(ガチガチ、ゴリゴリの旧態然な世界観で息が詰まりそうなこのひと月を過ごしています

過呼吸を起こしそうなのをなんとか乗り切りました 😉 )

控え目にストレッチです

と、あら不思議

これまでに見たことのないアングルでコンパートメントに備えられた棚と空が見える

 

 

一つの物事も他方から見るとまるで違う景色が見える

 

珍しくもなんともない話ですが

案外何かを解決しよう、何かプロジェクトを推し進めようとするときに

えてして過去の経験や自分の価値観にとらわれて

がんじがらめの枠内で物事を判断してはいないだろうか・・・

はた、と改めてそう思いました

 

自分一人で動ける環境にあれば、

速攻、軌道修正が可能ですが、既存のチームに組み込まれてのことなら

いかに意見を発信して成果を得るのか。

ウームムム

至難の業です

声の大きな人の意見には、小学生のころから要注意!と学んでいます

それに何が正しくて何が正しくないか、そのような物は簡単に論じるべきでもない

そう思います

ましてや、人にそれを説くなどど、不遜も不遜なことである!

これはJAL時代になぜか、好きでもない先輩から学びました

 

チームビルディング

そのような研修を提案できるような柔軟な場でもない時はどう動くのが最善なのか

 

ウームムム

 

いや、朝からヒステリックにネガティブな言葉を数時間かけて叫んでいても

何も変わらへんで

最後に一番必要なのは、「Sense Of Humor」

結局のところは、仲間への信頼と共感とユーモアに尽きるで

知らんけど

と、超関西弁で締めてみました ハハハ(^^♪

関連記事

  1. 【医師が一人で抱える悩みの一つ1】患者とのコミュニケーション齟齬・第一印象と言葉の選択

    【医師が一人で抱える悩みの一つ1】患者とのコミュニケーション齟齬・第一印象と言葉の選択

  2. 【医師が一人で抱えこむ悩みの一つ2】それぞれの認知フレーム編

    【医師が一人で抱えこむ悩みの一つ3】それぞれの認知フレーム編

  3. 【医療者相談ケース4】

  4. 【医療者相談ケース3】終診を受け入れられない患者編

    【医療者相談ケース3】終診を受け入れられない患者編

  5. 【亀田総合病院の被災者への解放サービス】千葉県台風被害に際して FB記事より

  6. 【医療者相談ケース2】ヒアリハット!処方間違い編

    【医療者相談ケース2】ヒアリハット!処方間違い編

  7. 【医師が一人で抱える悩みの一つ2】患者とコミュニケーション表情編

    【医師が一人で抱える悩みの一つ2】患者とコミュニケーション表情編

  8. 【医師が一人で抱えこむ悩みの一つ4】情報量の圧倒的格差を知る編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP