接遇

接遇

接遇・マナーのベースに根差すものとは~立ち居振る舞い編~ 

接遇・マナーのベースに根差すものとは~立ち居振る舞い編~ 私は堅苦しい、マナー(型)に厳しい人は大のつく苦手ですが、 それと同様に人への配慮に欠けるのも大大大の苦手です。 社会生活を送る以上、少しでも自分らしくありたい、 ...
接遇

接遇・マナーのベースに根差すものとは ~言葉遣い編~

さて、お話することも今回の「言葉遣い」になり、 詰めに近づいてきました。 私は堅苦しい、マナー(型)に厳しい人は大のつく苦手ですが、 それと同様に人への配慮に欠けるのも大の苦手です。 ...
接遇

接遇・マナーのベースに根差すものとは ~言葉遣いその2~

丁寧な言葉を用いると対話は柔らかい印象になります。 より豊かな人間関係を構築していくことに繋がります。 これは決してビジネスシーンに限ったことではありません。
コミュニケーション

接遇・マナーのベースに根差すものとは ~身だしなみ編~

少し引用が長くなりましたが、和製英語です。 しかも、東京オリンピックに照準を合わせたプロパガンダにも近いものだったとは知りませんでした。 そして、あの石津謙介氏による発案とは、なるほど時を経てもあせることがありません。 素晴らしい精神性に基づくものであることが再認識されます。
接遇

接遇・マナーのベースに根差すものとは ~表情編~

・常に相手に敬意を払い、尊重すること ・相手を不快にさせない心遣い、相手に恥をかかせない配慮を行うこと ・時・場所・置かれている立場を十分に考慮して最もふさわしい振る舞いを     すること この3点に他ならないと思うのです。 そして、この心遣いを日常的に実践することこそが接遇・マナーを発揮することに繋がるのです。
接遇

接遇・マナーについての徒然(つれ連れ)~令和2年7月ご挨拶編~

目には見えないこの心遣いや配慮をどうしたら表現することが出来るのでしょうか? どうしたら相手に伝えることが出来るのでしょうか? その答えが接遇・マナーを構成する5原則へと繋がります。 この5原則を丁寧に心を込めて表現することに他ならないと言えるでしょう。また、これらをバランスよく実践することが出来るということは、すなわちコミュニケーションスキルが高いとも言えるのです。
タイトルとURLをコピーしました