謝罪とは「あるいは謝罪そのものについての取扱説明書」

白い紙にユーカリと金木製にカード

アイキャッチ画像 ゾノさんにお願い イラスト
https://image.shutterstock.com/image-vector/businessman-hands-holding-sorry-sign-600w-346930145.jpg

はじめに

有害事象が発生した時に、謝罪をするべきか否か?

という問題は今でも明確な回答を得られないままです。

それは医療の現場でも繰り返し問われ続けてきた問題です。

またそれは医療界以外でも同様ではないか、と思います。

何故か、それは謝罪したことで逆に紛争を劇化させてしまう、

といったケースや、過失の認定といったものにつながったケース

がある、という声が聞かれるもの事実だからです。

では、有害な事象に遭遇した時
人は一体どうしたらいいのでしょうか?

医師に扮した女の子が虫眼鏡からこちらを覗いている

責任承認(責任を認めること)

最初に私達の日常生活の中で発生しうる謝罪を必用とする

状況について考えてみましょう。

共感表明(共感を示すこと)

 

 

 

 

謝罪すること、と謝罪の受け入れ(謝罪受容)

 

 

 

 

謝罪に至るまでの過程をたどる

コメント

タイトルとURLをコピーしました