注目の記事 PICK UP!

【亀田総合病院の被災者への解放サービス】千葉県台風被害に際して FB記事より

亀田総合病院

ADD:千葉県鴨川市東町929番地

 

千葉県鴨川市【亀田総合病院】の神対応!台風15号被害を受けて FB記事より

 

 

 

 

★未だ鴨川市においてもおよそ15900軒が停電状態なのだそうです。

同じエリアにありながら、さすがは鴨川総合病院!

通常通りの診療を行うだけでなく、Twitterで病院に直接的な外来や

入院の患者さんでなくても、地域への貢献として利用できるサービスを

お知らせしているそうです。

一般に開放されているサービス**

 

・冷房で涼むことが出来る

・充電利用スペース

・Wi-Fi

・13F レストラン

・院内ベーカリーショップ

・コインランドリー

 

 

下記は長い長いつぶやき・・・言葉遣いも乱れまくり・・・

 

千葉県は明らかにこの度の千葉県台風被害について初動対応のまずさがあったそうです。

12日午後5時半になるまで、県職員を被災状況確認の指示を出さなかったと報じられています。

一体なんのための組織か・・・

税金を何のために納めているのか、暗澹たる気持ちが拭えないのです。

私にできる事として、FBで要請のあった動物保護団体にタオルケットやバスタオルを送った

くらいですが、人はもちろん、多くの物申せない生き物が瀕死の状態かもしれない、と思うととても切ない・・・

 

文字が読める、コミュニケーションができる人達はどうか、助け合ってサバイバルしてほしい!

 

このような出来事にはどうしても反応してしまうのです。

阪神淡路の震災の時をつい最近のことのように思い出してしまします。

私は家族の安否が取れずに外地から2日も経過したのちに自宅(半壊で裏の丘がサラサラと崩れ始めていました。)

へ、関空から5時間もかけてタクシーで帰り深夜ちょっと前に到着しました。

道中いつもお世話になっているドライバー(橋中タクシーさん)が「泣きなや、泣いたらあかんで」と

ずっと言い続けて運転していらっしゃいましたが、想像以上の惨状に涙は止まりません。

崩壊した家々をかいくぐり、いつタイヤが釘や散乱した瓦礫を踏んでパンクするかもしれない中を走りました。

途中、大阪市内を走った時はごくごく普通の日常が繰り広げられていたのを今でもぞっと思い出します。

繁華街は煌々と電気が点いて人の様子も何ら普通の延長のようでした。

高速が倒壊していたせいで、下道を延々と神戸の自宅まで走ったのでした。

タクシーのトランクに詰めたたくさんの水やお弁当をいただき、

感謝の言葉もなかった当時を思い出しています。

 

千葉県って確か東京の隣ですが、本当にこの日本は一体どうなってしまったのでしょう。

「被災した方の救済の前になぜ組閣か?

しかも、あの内容を優先させるほどの重要な組閣だったとは将来を思うことをつい避けてしまいたくなります。

どの政党が国民を大切に思う党なのか、選挙に行かない人の責任はここで露呈してしまったという感じもします。

閣僚メンバーを見て、背中にぞっとするものを感じてしまったけれど、

もういいから、さっさと一人でも多くの決めごとに参画できる奴らは対策を練って

早く、苦しんでいる人を一人でも救ってくれ~!

私の税金を*まま事秘書ごっこに一円も使わないで、被災者とすべての生き物を救うことに使ってくれ~!

*某婦人は5名の年収秘書総額¥2800万円を必用とした公人(2015年当時)

関連記事

  1. 恐怖政治 VS レジリエンスという考え方での組織運営はどちらに軍配が上がる?

    恐怖政治 VS レジリエンスという考え方での組織運営はどちらに軍配が上がる?

  2. 【医療者相談ケース4】

  3. 【医療者相談ケース1】居座り留学生患者

    【医療者相談ケース1】居座り留学生患者

  4. 【医療者相談ケース3】終診を受け入れられない患者編

    【医療者相談ケース3】終診を受け入れられない患者編

  5. 【医療者相談ケース2】ヒアリハット!処方間違い編

    【医療者相談ケース2】ヒアリハット!処方間違い編

  6. 【医師が一人で抱えこむ悩みの一つ4】情報量の圧倒的格差を知る編

  7. 【医師が一人で抱える悩みの一つ1】患者とのコミュニケーション齟齬・第一印象と言葉の選択

    【医師が一人で抱える悩みの一つ1】患者とのコミュニケーション齟齬・第一印象と言葉の選択

  8. 【医師が一人で抱えこむ悩みの一つ2】それぞれの認知フレーム編

    【医師が一人で抱えこむ悩みの一つ3】それぞれの認知フレーム編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP